Blog | Hiroaki Ooi


8/25(金) ソラブジ《オープス》& 古川聖《ノベレッテ集》完演
by ooi_piano
検索
ブログパーツ
以前の記事
ライフログ

「骨盤を立てる」

   クラヴィア奏法試論:追補

   《骨盤を立てる》のに最も手っ取り早いのは、バランスチェアあるいは骨盤座布団かもしれません。後者は安くてお手ごろ(痔瘻クッションに間違われ易いけど)。尾てい骨が押し上げられてもされるがままになる、変位を受け流すことによって体内のバランシングを変えていく、という点では、クラヴィコード同様、まさに「使いよう」です。
c0050810_0434037.jpg

c0050810_0435479.jpg

c0050810_0441215.jpg

  
   ピンクレディのケイちゃんやパフュームのノッチは、骨盤周りが柔らかいということなんでしょうか。同じ振り付けだと凄く目立つ。




ピエトラガラの良い動画がありませんなぁ・・・ ルリッシュと共演したポップなヤツが良かったんだけれど。
[PR]

by ooi_piano | 2009-11-25 00:45 | クラヴィコード様への五体投地 | Comments(2)
Commented by ふぁん at 2009-11-29 15:03 x
松下さんの追悼演奏会、東京でもやってくだせえ。
Commented by ooi_piano at 2009-11-29 19:14
  東京でも再演する方向で動いておりますが、スペクトラ連作の大半を占める内部奏法部分については、ヤマハのベビコンを搬入するしか手が無いようです。
  一方、京都公演では、非常に状態の良いスタインウェイ・フルコンサートグランドの内部奏法の御許可を頂きました(!!!)。金属フレームへのマレットの一打からして、音色が全く違います。このたび40年ぶりの再演となる《スペクトラ第3番》は、ピアノの向こう側から打楽器奏者(宮本妥子さん)が阿修羅のように叩きまくらないといけない作品なのです。あの打楽器パートは単なる助演ではなく「ソリスト」、ならびにそれに耐え得る楽器を要求していました。
     蹴上・南禅寺界隈は超観光スポットですよ~~ 湯豆腐も聖護院ロールも美味しいし。ホール内には素敵なカフェもあるし。地下鉄蹴上駅下車すぐなので、JR京都駅からのアクセスも至便(15分)。東京からの日帰りも可能な開演時間だし!!
<< 吊り橋のように垂れる腕 一番上がブーブーブーのブツブツ屋 >>