11/15(木) ケージ公演・動画インタビュー等

★『クラシック・ニュース』 紹介記事 & 藪田益資氏による動画インタビュー http://classicnews.jp/
★井上美明氏インタビューの書き起こし (ケージ、ブーレーズとシュトックハウゼン) http://ken-hongou2.cocolog-nifty.com/blog/2012/11/11152012poc-ba6.html
★フェイスブック公演紹介ページ http://www.facebook.com/events/433570606705133/
曲目解説+野々村禎彦エッセイ
c0050810_612183.jpg

1936年、凝った25音列の曲を書くものの、シェーンベルクに「ハーモニーの感覚が無い」と罵倒される → 1949年、パリでブーレーズに会う。プリペアドピアノの発明を褒めてもらう。《第2ソナタ》の譜面を受け取り、音列操作の闊達さと「ハーモニーの美しさ」と、溢れるエネルギーに打ちのめされる → 1950年、チューダーを紹介され、《第2ソナタ》を初演してもらう → 読んだばかりの『易経』に基づいて《易の音楽》の作曲を開始。なんだかんだで西洋音楽の延長線上に書いてきた自分の作風を全否定してゆく易の託宣にゲッソリする。見えない電波を拾うラジオ受信機に奏者がなり切る《架空の風景IV》の作曲を並行させる事で、何とか耐え忍ぶ。これがいわゆる「ジョン・ケージ」の誕生である → 「フランケンシュタインの怪物」のような譜面を受け取った24歳のチューダー、呆然としながら必死で練習して初演 → 初演のわずか8日後にシェーンベルク死去 → 作曲過程をブーレーズに褒めてもらう。ドナウエッシンゲン音楽祭から委嘱が来る → チューダーのヨーロッパ・デビュー、ならびにケージ自身のヨーロッパ正式デビューのために書き下ろした、「殴り込み用」の曲が《34分46.776秒》
c0050810_614259.jpg

[PR]
by ooi_piano | 2012-11-13 06:05 | POC2012 | Comments(0)