Blog | Hiroaki Ooi


8/25(金) ソラブジ《オープス》& 古川聖《ノベレッテ集》完演
by ooi_piano
検索
ブログパーツ
以前の記事
ライフログ

12/12(水) ファーニホウ&シャリーノ公演 セットリスト+曲目解説等

[ポック#13] ファーニホウ全ピアノ作品+シャリーノ・ソナタ全5曲
2012年12月12日(水)18時30分
開演 代々木上原・けやきホール
大井浩明(ピアノ) 

c0050810_4174092.jpgファーニホウ 《エピグラム(警句)》(全6曲、1966)
シャリーノ 《ソナタ第1番》(1976)
ファーニホウ 《3つの小品》(1966/67)
シャリーノ 《ソナタ第2番》(1983)
シャリーノ 《ソナタ第3番》(1987)

(休憩)

ファーニホウ 《レンマ-イコン-エピグラム (見出し-挿絵-解題)》(1981)
シャリーノ 《ソナタ第4番》(1992)
ファーニホウ 《オプス・コントラー・ナートゥーラム (自然の本性に抗する業) -- 影絵芝居》(全3部、2000)
シャリーノ 《ソナタ第5番》(1994)

2012年11月シュトックハウゼン&ケージ公演感想集 http://togetter.com/li/409233

【チケット料金】 
〈前売〉 学生2,000円 一般2,500円  〈当日〉 学生2,500円 一般3,000円
3公演券 一般7,500円 学生6,000円

【チケット取り扱い】
ローソンチケット(各公演1回券のみ) tel. 0570-084-003 http://l-tike.com/ Lコード:37455
(株)オカムラ&カンパニー(下記) 各公演1回券、3回券をお求めいただけます。

【お問い合わせ】 (株)オカムラ&カンパニー 
tel 03-6804-7490(10:00~18:00 土日祝休) fax 03-6804-7489
info@okamura-co.com  http://www.okamura-co.com/

c0050810_3352062.jpg  ブライアン・ファーニホウは、1943年1月16日英コヴェントリーに生まれる。1966年から翌年までロンドンの英国王立音楽院でレノックス・バークリーとハンプリー・サールに作曲を師事。1968年にヨーロッパへ渡り、アムステルダムでトン・デ・レーウに、バーゼルでクラウス・フーバーに学ぶ。いわゆる「新複雑性」の父、と看做されており、極度に複雑な非合理時価によるリズム書法で知られる。独フライブルク音大(1973-1986)、ダルムシュタット夏期講習会(1978-1994)、カリフォルニア大学サン・ディエゴ校(1987-1999)、スタンフォード大学(1999- )で教鞭を執る。
  《エピグラム》(1966)は、音楽表現上の問題設定を試行する「独習課題」シリーズの一環。6つの短い警句的小品から成る。1967年2月ロンドンの新音楽振興協会(SPNM)にてジョン・マッケイブにより初演。
  引き続いて書かれた《三つの小品》(1966/67)では、各曲は固有の音の身振りと構成で特徴付けられながら、「その基盤には本質的な統一が通底するよう」心を砕いたと云う。1968年ロンドン・パーセルルームで、フィリップ・ピルキントンにより初演。
  《レンマ-イコン-エピグラム》(1981)は、イタリア人法学者アンドレーア・アルチャーティ(1492-1550)の創始した、寓意詩画集に基づく。ページ上部に見出し(レンマ)、中央に大きく挿絵(イコン)、その下に寓意の解説(エピグラム)が添えられる。ヴェネツィア・ビエンナーレの委嘱、1981年6月28日に仏ラ・ロシェル音楽祭で被献呈者マッシミリアーノ・ダメリーニによって初演。譜面冒頭には、ボードレールの言葉「全てはヒエログリフ(象形文字)的である」が引用されている。
  《オプス・コントラー・ナートゥーラム (自然の本性に抗する業) -- 影絵芝居》(2000)は、ドイツ人哲学者ヴァルター・ベンヤミンのスペイン国境での最期を扱ったオペラ《影の時 Shadowtime》(1999-2004)の第4場として作曲。タイトルはルネサンスの錬金術の密儀から取られた。短い冒頭部(叙情的な入祭唱)と終結部(行列聖歌)に挟まれた大規模な中央部は、「カタバスィス Katabasis」(ベンヤミンのアバターの冥界行き)と題されている。演奏と同時に奏者は、台本作家チャールズ・バーンスタインならびに作曲者自身によるテクストを朗誦する。2000年10月ベルギー・フランダース音楽祭にて、委嘱者イアン・ペイスにより初演。


c0050810_3355699.jpg  サルヴァトーレ・シャリーノは1947年4月4日シチリア島パレルモ生まれ。作曲はほとんど独学と云う。1969年にローマに移住し、F.エヴァンゲリスティのもとで電子音響音楽の基礎を学ぶ。1977年から1982年までミラノ音楽院で教え、1978年から1980年まではボローニャ市立劇場の芸術監督も務めた。1982年チッタ・ディ・カステッロに移り、以来ほぼ作曲に専念する。弦楽器のさまざまな高次倍音(ハーモニクス)、非常に早口の囁き声のようなパッセージ、捻り上げるような跳躍音型、音色のトレモロなど、特徴的なエクリチュールで一躍有名となった。代表作にオペラ《アスペルン》(1977-78)、《ローエングリン》(1982/84)、《マクベス》(2002)、バレエ《ヴェニスに死す》(1991)等。ピエール・ド・モナコ賞(2003)、フェルトリネッリ賞(2003)、ザルツブルク音楽賞(2006)、BBVA財団賞(2011)など受賞多数。
  現時点で全5曲を数えるピアノ・ソナタは、彼の膨大なピアノ作品群の中核を成す。全て十数分のサイズの単一楽章であり、共通するモチーフも多い。戦後の前衛音楽のさまざまな語法が、ドビュッシー《前奏曲集》《映像》やラヴェル《鏡》《夜のガスパール》を思わせる華麗なピアノ書法と巧みに融合している。
  第1ソナタ(1976)は、同年5月19日ブレシア国際現代音楽祭にて、当時26歳だった「わが友」マッシミリアーノ・ダメリーニが献呈初演。楽譜冒頭のエピグラムは、4世紀の歴史家アンミアヌス・マルケッリヌスがラテン語で著した『歴史』第23巻から、真珠の起源について書かれた一節(85-86章)である。
  第2ソナタは、1979年にスケッチが書かれ1983年春に完成、同年6月9日「フィレンツェの5月」音楽祭で、「我が音楽の唯一の具現者」M.ダメリーニにより献呈初演。軸の微細な震動、周縁の滲みを通して、反復を避けつつ何時しか眠りへと落ちていくような形式(「錯覚の対位法」)が探求されている。
  第3ソナタ(1987)は、1990年8月26日チッタ・ディ・カステッロ国際室内音楽祭で、M.ダメリーニにより献呈初演。ピアノという楽器への人類学的(antropologico)なアプローチを試みた自信作である。
  第4ソナタ(1991/92)は、同年7月22日シチリア島ジベッリーナで、M.ダメリーニにより献呈初演。作曲者の唱える「時間の窓(finestra)」が明瞭に知覚されるよう、敢えてシンプルな素材が執拗に並置してある。
  ザルツブルク音楽祭委嘱による第5ソナタ(1994)は、終結部に5通りのヴァージョンを持つ。同年8月23日、献呈者マウリツィオ・ポリーニによる世界初演では、4番目のヴァージョンが用いられた。最も長い1番目のヴァージョン(「決定稿」)による初演は、1996年1月20日トリノで、同じくポリーニが行った。ベートーヴェン第9交響曲からの音型“nicht diese Töne!”(E-F-E-H-D-C、「音ではなく声を・・」)が引用されている。
[PR]

by ooi_piano | 2012-12-05 03:46 | POC2012 | Comments(0)
<< 12/23(日) ブルックナー... 12/12(水) ファーニホウ... >>