6/4(日)バルトーク弦楽四重奏曲全6曲(ピアノ独奏版)


by ooi_piano

■2005/09/25(日) 獅子團乱旋の舞楽の砌


演奏会の御案内です。

c0050810_8295990.jpg京の華舞台 - 伝統芸能への誘い - 古都五宴 / 参の宴 《心と技の共鳴》
2005年10月7日(金)19時(開場18時30分)
金剛能楽堂(京都市上京区烏丸今出川下ル西、地下鉄「烏丸今出川」下車徒歩5分)
前売 4500円/当日5000円 電子チケットぴあ・Pコード362-888
事前レクチャー込みで4500円という観劇ツアーチケットもあるようです。
出演:金剛永謹(金剛流宗家)、大井浩明(チェンバロ) 
構成/演出:前原和比古
問い合わせ先:京都市文化市民局文化課内(tel. 075-222-4105)






▼第一部:仕舞《清経》(世阿弥作)(金剛永謹、他)

▼第二部:チェンバロ独奏(大井浩明)
G.フレスコバルディ:《モニカによる11のパルティータ》
J.ボールドウィン: 《天使は励ましの御言葉もて(セルモーネ・ブランドー)》
F.クープラン:第2オルドゥル~前奏曲/クーラント/幸福な思い/ラ・ガルニエ/蝶々
J-N-P.ロワイエ:《スキタイ人の行進》

▼第三部:謡曲《石橋》(金剛永謹、大井浩明、他)
[前シテ] M.マレー(生誕349年記念):《サント・コロンブ氏を偲んで》
シテ「・・・向ひは文殊の浄土清涼山・・・」
地謡「・・・笙笛琴箜篌夕日の雲に聞え・・・」

[間狂言(中入)] I.クセナキス:《ホアイ》(1976)
地謡「・・・獅子團乱旋の舞楽の砌、牡丹の英匂ひ充ち満ち大筋力の獅子頭・・・」
[退場] A.フォルクレ:《ラ・シルヴァ》


―――――――――――――――――――――――――――――――

c0050810_2264076.jpg東京大学教養学部第105回オルガン演奏会
2005月10月13日(木)18時30分(開場18時)
東京大学教養学部 900番教室(講堂) 入場無料(先着500名)
京王井の頭線・駒場東大前駅下車 東大口より徒歩1分 [※駒場東大前駅に急行は止まりません。各駅停車をご利用ください]
主催/お問い合わせ:東京大学大学院総合文化研究科・教養学部オルガン委員会 tel 03-5454-6139(美術博物館)〒153―8902東京都目黒区駒場3-8-1

【プログラム】
J. S. バッハ:『鍵盤修行(クラヴィーア・ユーブング)』第3巻より Johann Sebastian Bach: Aus dem Dritten Teil der Clavier-Übung
 プレリュード 変ホ長調 Praeludium pro Organo pleno BWV 552/1
 キリエ、永遠の父なる神よ Kyrie! Gott Vater in Ewigkeit! (Canto fermo in Soprano, à 2 Clav. et Pedal) BWV 669
 キリストよ、世の人すべての慰め Christe, aller Welt Trost! (Canto fermo in Tenore, à 2 Clav. et Pedal) BWV 670
 キリエ、聖霊なる神よ Kyrie! Gott heiliger Geist! (Canto fermo in Basso. Cum Organo pleno.) BWV 671
 いと高きところには神にのみ栄光あれ Allein Gott in der Höh’ sei Ehr’ (à 2 Clav. et Pedal)  BWV 676
久保田翠:オルガン独奏のための《くろきもの わが眼おほへど》(2005、委嘱作品・世界初演)

(休憩)

J. S. バッハ:『鍵盤修行』第3巻より Johann Sebastian Bach: Aus dem Dritten Teil der Clavier-Übung
 これぞ聖なる十戒 Dies sind die heil’gen zehn Gebot’ (à 2 Clav. et Pedal e Canto fermo in Canone) BWV 678
 われらみな一なる神を信ずWir glauben all an einen Gott (in Organo pleno con Pedale) BWV 680
 天にましますわれらの父よ (初期稿による小コラール及び大コラール)Vater unser im Himmelreich (Kleine Bearbeitung in der Frühfassung und große Bearbeitung à 2 Clav. et Pedal e Canto fermo in Canone) BWV 683a, BWV 682
 われらの主キリスト、ヨルダンの川に来たりChrist, unser Herr, zum Jordan kam (à 2 Clav. e Canto fermo in Pedale)  BWV 684
 深き悩みの淵より、われ汝に呼ばわるAus tiefer Not schrei ich zu dir (à 6, in Organo pleno con Pedale doppio) BWV 686
 われらの救い主なるイエス・キリストは、われらより神の怒りを除きたまえりJesus Christus, unser Heiland, der von uns den Zorn Gottes wandt (à 2 Clav. e Canto fermo in Pedale)  BWV 688
 フーガ 変ホ長調 Fuga à 5 con Pedale pro Organo pleno BWV 552/2

c0050810_2253337.jpg今回、駒場の森オルガンを想定しつつ意欲的な新作を書き下ろして下さった、作曲家の久保田翠さん。東京芸術大学音楽学部作曲科卒業、東京大学大学院総合文化研究科修了。現在は引き続き、同大学院博士後期課程(表象文化論)に在籍なさってます。東京国際室内楽作曲コンクール(1999)、奏楽堂日本歌曲コンクール作曲部門(2001)入選。

なおClavier-Übungを大胆にも《鍵盤修行》と訳したのは、オルガン委員のゴチェフスキ先生です。どうせだったら《独逸耶蘇典礼歌一具》とか(ミサ・ブレヴィス入ってるし)、あるいは《鍵盤探題》《鍵盤演義》くらいまで暴走するのも一興かも。
[PR]
Commented by follow at 2005-09-30 23:41 x
先生、はじめまして。今回、駒場でのパイプオルガン演奏会のパンフレットを拝見しまして、エキサイトのブログを持っていることを知りました。
ちょうど、授業のある日ですので、聴きに行こうかと考えています。今年はパイプオルガン演奏会が多く、先生の時で今年3回行われます。
せっかくですから、パイプオルガンの演奏曲イコールバッハ、だけではなく、一曲は思い切った演奏を楽しみにしています。学生や近所の人たち、駒場のパイプオルガン演奏会、好きな人は好きです。期待しています。
Commented at 2005-10-03 08:38
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by ooi_piano | 2005-09-25 21:43 | コンサート情報 | Comments(2)